ピチピチした産地直送のカニが買えるカニ通販

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。
いろいろな中華がある中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で獲れる淡水蟹の中でも、とりわけ揚子江の下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、至高の味として多くの人に愛されています。

これからの時期が最も美味しい蟹。

旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。
蟹好きの食通たちの間では常識です。その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。蟹しゃぶや刺身は水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。

これなら、そこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。

そのままの味が好みに合わなくても、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればたちまち美味しくなります。北海道のカニといえば、味も品質もいいだけあって値段が高いと考えてませんか。そんな人に一度見てもらいたいのが、カニの通販サイトです。

豊富な種類、なによりとてもお得に買えるからです。
北海道に行かないと食べられない北海道産のカニを自宅で堪能することができますよ。ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。地域によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。
ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

逆に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、大方は、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

しかし、考えなしに送るのは危険です。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。
時間が経つと美味しさも損なわれてしまいますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。
そのような危険を冒さないためには、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて送ることが、相手に対する思いやりでもあります。

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には気を付けるべき事柄は、どうやって選ぶか、です。一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、どのような選び方をしたらいいかが変わってきます。例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、大切なのは、腹側を見ること、これが重要です。避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているもので中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。

その他にも、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。間違った方法で選んでしまうと本当は美味しいはずの蟹を楽しめなくなってしまいます。
美味しいカニを味わうために、正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。

選び方は、タラバ蟹の場合、注目するのは重さであり、まずは第一のチェック項目です。加えて、綺麗な甲羅に目が行きますが、そういうものは選ばずに、汚れているもの、そして硬いものを買うことをお勧めします。
便利でお得な蟹通販ですが、蟹通販を利用することのメリットとして最も特筆すべきポイントはどこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹をいつでも購入できるということです。

対してスーパーなどの場合、様々なルートを通っている分、産地直送のアドバンテージと比較すると新鮮さという点では大幅にマイナスです。意外かもしれませんが、新鮮な蟹を買いたいなら、通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最もよいでしょう。初めての蟹通販。選んでおいてまずマチガイがないのは、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。ただし獲ってすぐに茹でたもの。一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。

茹で加減や味付けなどもコツが必要で、初めての方は失敗しやすいので、そういった下処理が終わっている状態の商品を選ぶほうがいいのです。

あらゆる蟹の産地の中でも、第一にその名が挙がる漁場といえば北海道をおいて他にありません。北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、それらの要素を踏まえても、全体的にはやっぱり北海道の蟹が一番です。でも、それはそれとして、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることも少なくないようです。

蟹を買うならブランド蟹がお勧めです。
色々な種類がありますが、多くの人が一番に思い浮かべるのはズワイガニではないでしょうか。

繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。

このズワイガニの魅力を知った人は、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、識別のため、脚にタグが付けられています。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。

メリットの多い蟹通販ですが、気を付けなければならない部分もあります。それは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、そして最も重要ともいえるのが送料です。
少しでも得をしようと思えば、送料は必ず気にするべきです。蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、送料は掛かるのか、掛かるならいくらなのか、必ず確認しましょう。

私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。

ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。今流行りの蟹通販は、誰もが気軽に利用できるものです。

しかし、それを利用する上では、いくつか気をつけるべき点もあります。多くの方に人気なのはタラバ蟹ですが、タラバ蟹を購入する時には、蟹の大きさや新鮮さといった重要ポイントをよく確認して購入の参考にしましょう。
写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、画像だけではなく商品説明も必ず読んでおくことが大事です。

加えて、購入者から寄せられたレビューの評価も結構役に立つものです。
一度は利用してみたいのが蟹通販。業者を選ぶときには、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、せっかくの蟹通販で損しないように、以下の点に注意してください。

業者の信用に関わってくるのは「人」です。良い業者には、目利きの専門家と呼べる存在がおり、蟹の産地まではるばる、買い付けに行き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた蟹を確実に仕入れてくるので、品質は保証されています。やはり品質は何より大事ですから、それを大切にしていそうな業者を選択するのが蟹通販を上手く利用するコツなのです。

皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある人もいますよね。
しかしながら、通販で売っている蟹のグレードは大丈夫なのかどうしても疑問が残るという人もいるでしょう。今のようにネットが普及する前なら、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話は眉唾物の域でした。

しかし今では時代が変わり、ピチピチした産地直送の蟹を色々なお店から通販で買えるようになりました。毛ガニ ボイル 通販サイト ランキング